業界活性物語【製粉業界編⑧】


「未来のためにイノベーションを!」教育総研の業界活性物語【製粉業界編】
~桜井製粉イノベーションストーリー第8話~

僕は上川高広。今日は主要メンバーで新ビジネスサイバーミックスのミーティングが行われている。
「営業マンが汗水流しても売っているものはただの粉です。みんな楽しくもなんともないんです。でもミックス粉は違いを生みだせると思うんです。私はミックス粉でなら、大手と対等に世界で勝負できると思ってるんです!」と社長の熱い想いは止まらない(;^_^A
「東田社長の思いを是非ロゴに反映させましょう。色は、力強い赤とか良さそうですね。ところで、この機会に桜井製粉さんのロゴの意味を聞かせてもらえますか。ロゴにはストーリーがありますから、ルーツも参考になると思います。」
そして社長の熱い思いと桜井製粉の歴史がとうとうと語られ、僕も知らない話が1時間ほど続いた。傍らではミックのディレクターメンバーが社長の話を聞きながらロゴを考えてくれているみたいだ。
僕の席はディレクターの伴田さんから遠くて分からないが、伴田さんサイドでは楽しそうにあれこれロゴ製作で盛り上がっている~

おもむろにミックのディレクターの伴田さんが「岡本さん、こんなのはどうでしょうか」とPCを見せた。

I’m Takahiro Kamikawa. We have a important meeting for Cyber Mix today with key member.
‘Our products are just flour. This is typical popular product for everybody. It’s just a flour. So it is so hard to sale even with big effort. But the mixed flour has large potential, I believe. We could have power against big companies in this industry even in the world market.’ Higashida-san is deeply into it.
‘I agree with you. New logo should be under your passion. So, the color will be the red, cause it is powerful. By the way, would you mind to tell us the history of Sakurai’s logo? I guess it could help it. Maybe the roots should be in it.’
And Higashida-san showed the long story and his thoughts for about a hour which I’ve never heard. On the other side of the table, Mick’s directors worked for the logo along to Higashida-san’s story.
I sat in the other side to them, so I couldn’t know what they do. Only I could see them enjoy it.

Then after a time, director Handa-san shows PC to Okamoto-san gently, ‘We’ve made sample. What do you think?’

バックナンバー 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

業界活性物語【製粉業界編⑦】


~桜井製粉イノベーションストーリー第7話~

僕は上川高広。新しい事には無縁の製粉業界に一石を投じることになる新ビジネスの担当者になってしまった。初めは単に楽しく仕事をするために趣味を活かせないかと思った軽い気持ちだったのに、話がどんどん大きくなってしまっている。
Webの新サービスの担当者になったと家で話すと奥さんはノリノリであれもやれる、これもやりたいと今にも職場復帰しそうでなだめるのに苦労した。

今日はWebのコンサル会社ミックコンサルティングとの打ち合わせだ。
ミックは岡本先生の会社で社長の信用が厚い。今回のプロジェクトは全面的に協力をお願いすることになった。
「大体のイメージはつかめました。今日はコアメンバーが揃っているので、話を詰めながら決められるところは決めてしまいましょう。」と岡本先生。
「ロゴの候補はご連絡した通りなんですが、岡本さんはどう思いますか?」
「そうですね。今回のサイバーミックスは桜井製粉さんが主導権を握りながら製粉業界を活性化させるための新ビジネスなんですよね。」
「そうです。私はこの古くて活気がない製粉業界を何とかしたいと思ってるんです。」
でたー、社長のスイッチ入った(;^_^A


I’m Takahiro Kamikawa. I’ve got a new task as in-charge of this new project which will be big impact against old style milling flour industry.  I didn’t imagine this project could be such big influencer. I just wanted to enjoy my job with my advantage.
I told to my wife the other day about this, she had excited so much with her many ideas. She was almost getting ready to get her work, finally I could win her cool down with big effort.

Today, we are getting together for the meeting with Mick Consulting that is web consulting office. Mick Consulting is one of the companies of Okamoto-san. Higashida-san established trust with them. He decided to get team with them for this project.
‘I’ve get outline of this project.  We have the core member for this here today. We can decide many important points for this.’ Okamoto-san said.
‘What do you think about the logos we sent by e-mail the other day?’
‘Well, Cyber Mix will be the new business for revitalize milling flour industry by Sakurai’s management, right?’
‘That’s right. I want to do something new to this OLD industry.’
AwwwHe got so him into it.

バックナンバー 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

業界活性物語【製粉業界編⑥】


「未来のためにイノベーションを!」教育総研の業界活性物語【製粉業界編】
~桜井製粉イノベーションストーリー第6話~

僕は上川高広。古い体制が染みついている製粉業界で楽しく仕事をするために一歩踏み出すことにした。そんな僕が社長以下コアメンバーとの食事の席で勇気を出して発言してみた。
「社長、うちのwebサービスの名前はサイバーミックスでどうでしょうか。」
「サイバー? なんか未来的やなぁ。」
「うちの他社との違いは多分ミックス粉のラインナップ数だと思うんです。だからそのミックス粉をwebで売ったらどうかな、と思いまして。サイバーはコンピューターネットワークの意味があるそうです。」
「へー、すごいやん、タカヒロ!カッコいいわ!」と駒田さん。
「そうか、じゃあ商標確認してみなあかんな。」
「え?社長、いいんですか?僕なんかのアイデアで。」
「タカヒロが考えたんやったらええやろ。」
「じゃあ、私の方で商標当たってみます。」と志水部長まで。
「名前も決まったことや、乾杯~♪」
うちの会社のいいところ、かな。

I’m Takahiro Kamikawa. The milling flour industry is very old. And our company is the same.
But I struggle to get out and enjoy my task in this industry, so this is the big step for me and also for us that I decide to say this idea to my boss and other managers at the restaurant.
‘Higashida-san, what do you think about the name Cyber Mix?’
‘Cyber?  Sounds futuristic!’
‘The difference among other competitors is the product variations of mixed flour, I guess. And the number of variation is large. So, on the web, we can do good business with that.  And Cyber means computer network.’
‘Wow, it’s cool. Nice work, Takahiro!’ Komada-san said.
‘So, we need to check the register of trademark right now.’
‘Higashida-san, is it OK? That’s just my idea.’
‘’Cause your idea, right?’
‘I gon’na arrange the checking.’ Shimizu-san accepted, too.
‘Let’s cheers again for Cyber Mix
That’s the way as always. This is why I like my company….

バックナンバー 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

業界活性物語【製粉業界編⑤】


「未来のためにイノベーションを!」教育総研の業界活性物語【製粉業界編】
~桜井製粉イノベーションストーリー第5話~

僕は上川高広。製粉業界でまだ広まっていないWebを取り入れたビジネスを思いつき、社長に報告するために食事に来ている。

メンバーは東田社長、志水本部長、駒田先輩と僕の4人だ。
「今日は岡本さんのとこ行ってきたんや。すぐにでも動かなあかんわ。」と社長。
あのコンサルタントの岡本先生か。いつも岡本先生のところから帰ってくると新しいことを投げられる(;^_^A
「そうなんですか。」
「担当はタカヒロな。」
「え?僕ですか。僕なんかより駒田さんの方が、、」
「ええやん、タカヒロ。社長のご指名やで~。」と笑顔の駒田さん。
「それで、内容はどんなんですか。」
Webや。まだどこもやってないし、問屋も巻き込んでお客さんを広げるんや。中小は中小ならではの生き残る方法をやっていかなあかん。しかも、これは面白くなるで。」
「まずは名前いりますね。」と志水部長。
「あ、それなら一つ考えがあるんですけど。ちょうど僕もWebを考えてたんです。」
「うわー、タカヒロは上手いなぁ。」と駒田さん(;^_^A
「どんな名前や。」
「サイバーミックスです。」

I’m Takahiro Kamikawa. I’ve got a great idea which had done yet in our industry. The idea is about web service tool. And now I show my idea to management member including president in this restaurant.
The member is president Higashida, Shimizu-san, Komada-san and me.

Today, we went to met Okamoto-san. We need to do something right now.’ Higashida-san said.
Okamoto-sensei is an our adviser. Everytime he visit to him, he orders to us new task.
‘Oh, right.’
‘And you are the in charge, Takahiro.’
‘Me? Komada-san will be better, I guess.  I am not good enough. ’
‘That’s nice for you, Takahiro. President says it for you!’ Komada-san said with his smile.
‘So, what is the subject?’
‘Web. No company has web service yet, we can support our agents. We can get more user and get big market. We are not big company. But because not big, we can do our way, Anyway, it sounds fun!’
‘So, we need the name of the web service.’ Shimizu-san said.
‘I have an idea. I thought to talk about web service today as a new idea.’
‘That’s nice for us, Takahiro. You are always exactly.’ Komada-san said.
‘So, what is the name?’
‘Cyber Mix.’

バックナンバー 第1話 第2話 第3話 第4話

業界活性物語【製粉業界編④】


「未来のためにイノベーションを!」教育総研の業界活性物語【製粉業界編】
~桜井製粉イノベーションストーリー第4話~

僕は上川高広。硬直しきった製粉業界に身を置いている。
仕事を楽しくするために何が必要か考え続けた結果、一つのアイデアを思い付いた。
Webの活用だ!
アイデアを思いついて以来、色々と目につくようになった。
特に気になったのが料理動画サイトだ。
30秒くらいで次から次へと映像が流れる。しかも簡単にできそうなものばかり。うちの奥さんも良く観ているらしい。
うちは社内結婚なので奥さんは元開発。虎視眈々と復職をもくろんでいて、料理動画サイトには興味津々だったとか(;^_^A
Webのことを話すと、「あんなんうちでもすぐできるやん!」と乗り気だ。
よし、社長に話してみるか。
いや、待てよ。ここは営業本部長に先にしよう。
と思っていたら先輩のコマッタさん、、じゃなかった駒田さんに見つかった。
「おっ、タカヒロ。うまくいってる?」
「いや~、全然ですよ。志水部長ってお出かけでしたっけ?」
「あー、社長と出かけててもうすぐ帰ってくるわ。ご飯行くって言われてるねんけどタカヒロも連れてってもらったら?」
「いえ、僕は、そんな。ちょっとお話があっただけで。」
「おっ、タカヒロ!ご飯行こか。話あんねん。」と社長が部長と戻ってきた。
「え、お話ですか。」
「社長、タカヒロも話聞いて欲しいんですって。」と駒田さんが余計なひと言を(;^_^A
「おお、じゃあ行こか。」と、行くことになってしまった。

I’m Takahiro Kamikawa. I work for the flour milling industry which doesn’t have no open mind for the new things.
I’ve struggled for my task. It is not enjoyable for me at all. Then I found a solution. It is ‘WEB’.
I’ve found many ideas making full use of web.
Especially, I like cooking movie web site.
It shows us nice and easy cooking movies one after the other. It is for about 30sec. My wife likes it, too.
My wife used to work in my company for a developing products section. We met each other in our company.
She is housewife right now, but her aims to get back to work as a full time. For that, she watches the site to get valuable information.
When I’ve told to her about the web site, she said that it’s easy for our company!
She is right. I need to talk to our president.
Well, not him as a first. Maybe Shimizu-san will be right person, I guess.
Just about to think that, senior member Komada-san said hello to me. Nobody knows what happen to him even himself. Oh, no.
‘Takahiro! How’s going?’
‘Not, bad, Not good. I just want to talk to Shimizu-san.’
‘Well, he is out with president for a while. And they get back soon. We gonna have a meal, why don’t you go with us?’
‘Oh, thanks. But maybe next time.’
‘Takahiro! Let’s go to have nice beer. And I have new topic for you.’ President and manager were coming back.
‘What is the topic?’
‘Higashida-san, Takahiro has a topic to you, too.’ Oh, no. Komada-san…
‘Ok, let’s go now.’ Then we left office together.

バックナンバー 第1話 第2話 第3話

業界活性物語【製粉業界編③】


「未来のためにイノベーションを!」教育総研の業界活性物語【製粉業界編】
~桜井製粉イノベーションストーリー第3話~

僕は上川高広。桜井製粉で営業をしている。文字通り身を粉にして働いているがやりがいを感じられない毎日だ。もっと仕事を楽しくできないものか。

ある日お客さんに言われたことが頭に引っかかった。
「最近どこもかしこもアプリになってるけど、桜井さんもアプリ作ったら?うちの出入りのクリーニング屋さんまでアプリつくらはったんやって~ 笑」
その時はいつも通り聞き流していたが、移動中に携帯を触りながらふと思い出した。
そうだ!うちもWebでやり取りできればいいんじゃないんか?
自分の買い物はほぼネットだし、お客さんのオーダーだってわざわざ足を運んだ割には「もうちょっとこんな感じで」とか、「適当においしくなるやつ」とかばっかりだし。
で、納期はいつも「なるはや」(;^_^A
これならWebで受け付けても一緒なんじゃないか?

名前は、、
サイバーミックスだ!

I’m Takahiro Kamikawa. I’m a sales chief of Sakurai mills flour in Nara. I use myself to the particle like flour for my tasks. Still then, I don’t enjoy my work. It’s not good. I want to enjoy my work!

One day, my customer said to me. And it reminded me something.
She said, ‘Do you have a plan to release your application for mobile? I have a lot of application on my mobile. Recently, I’ve add a new one of my cleaning shop.’
At that point, I didn’t get anything strange. But I remember something when I use my mobile.
That’s it! We can have tool for internet.
For my situation, I buy many goods by web. It doesn’t have big advantage even visiting customer’s place. Always they give just a little information, not specific. Like ‘more just like something’ ‘let it make tasty and good’. And also due is always very severe.
So, it’s waist of time and money for visiting their place. It’s better to get order by web?! 

Our web service …Yes, CYBER MIX

バックナンバー 第1話 第2話

業界活性物語【製粉業界編②】


未来のためにイノベーションを!」教育総研の業界活性物語【製粉業界編】
~桜井製粉イノベーションストーリー第2話~

僕は上川高広。奈良にある製粉会社、桜井製粉の課長をしている。趣味は動画編集。週末ごとに息子達の動画を撮りためている。仕事の合間に見るのが平日の楽しみだ。
まだ今日は火曜日。週末が待ち遠しい。

今日は朝からお客さんからの宿題を持って開発に来ている。
「阪尾部長~、今いいですか?またちょっとオリジナル商品の相談があって。」
「タカヒロ、お疲れさん。じゃあ、大体の要望を聞かせてみてよ。」
「このパンなんですけど。これをベースにもうちょっと食感をサクサクにしたいんですって。」
「ほう。分かった。じゃあ3種類位作っとくわ。納期は決まってるんか。」
「なるはやでって言われてまして。」
「毎回やないか。はいはい、了解了解。」
「すんません。」

あー、言われっぱなしの営業はもう嫌や。
こんな風にオリジナルばっかり作って手間ばっかりかかってる。おかげでうちのオリジナル商品ラインナップは膨大で、ゆうに100を超えている。これでいいのかなぁ。

I’m Takahiro Kamikawa. I work as a chief of sales section in Sakurai flour mills company Nara.
I enjoy editing my sons images in weekends. It’s my relax way to watch my movies for the brake in weekdays.
It’s still Tuesday today. But I can’t wait weekend.

I’m here development section in this morning with the new request by my customer.
‘Sakao-san, do you have time for me now? I have a new topic of original product.’
‘Oh, Takahiro, you are here. So, do you have any specific information?’
‘This is the sample. He wants it taste more light and crispy.’
‘Right. Are 3 other type of recipe enough? When is the deadline?’
‘ASAP is the request.’
‘ Always. I never hear from you with other answer. Allright.’
‘Thank you, Sakao-san.’

It’s awfully bud for me tasks like this. Sales person can’t say anything but yes to customers.
We are very busy always with original things requested. It makes our product line-up big and big. The number of our line-up is over 100! Is it right way for us??

バックナンバー 第1話

業界活性物語【製粉業界編①】


「未来のためにイノベーションを!」教育総研の業界活性物語【製粉業界編】
~桜井製粉イノベーションストーリー第1話~

僕は上川高広。奈良にある製粉会社に勤めている。と言うとみんなびっくりする。
僕自身、就職するまで奈良に製粉会社があるなんて知らなかった。奈良は山に囲まれて海なんてない。うちは山あいに工場を持つ珍しいタイプの製粉会社だ。
会社はアットホームで社員みんな仲がいい。ただ問題は仕事だ。
小麦粉という圧倒的に差別化が難しい商品を扱っているので、営業がほんとに辛い。
仕事が辛い分、休日に家にいるのが最大の楽しみだ。最近二人目が生まれて子供たちと戯れるのが至福の喜び。日曜日は朝からサザエさん症候群(;^_^A

あー、今週も月曜日が始まった。仕事も週末のように楽しく過ごせればいいのに。
なんか仕事が楽しくなる方法はないかなぁ。

I’m Takahiro Kamikawa. I work for a flour milling company in Nara. It is surprising for everybody such kind of company in Nara area which is surrounded mountains, and away from sea. For me, no idea until I’ve got a job. Not so many companies have their factories located among the mountains.
We are like a big one family, everyone in our office are all friendly. There is one big problem for me as a employee, that’s my Task.
Our product is just a flour. It means our product can’t get big differences from others. It is typically so much popular product. So, sales situation is very severe.
I don’t enjoy my work at all. Staying home with my family is the best for me in every weekend. I can’t find any other happiness with my son and new baby. I wake up with Monday morning blue in every Sunday.

Oh, it is Monday again. Is there any idea for enjoying my job like weekends?! I need a solution to enjoy my task!

地方創生物語【高松編⑩】


「未来のリーダーを育成する」教育総研の地方創生物語【高松編】
~次世代リーダー 南川喜之助のイノベーションストーリー第10話~

僕は南川喜之助。 縁あって高松のスペイン領事館でのランチ会で想定外の誘いを受けることになった。バルセロナで和菓子の実演をやってほしいというのだ。

聞けば、その女性はバルセロナの日本人学校の理事で、子供たちや保護者にも日本文化に親しむ一環として学校に来てほしいということだ。
そもそも、僕は日本で日本の伝統の復興を考えていたんだけど、その話を聞いて海外にいる日本人に日本文化を大切にしてもらうことも悪くないと思い始めた。
セミナーでも講師が言ってたな。
「初めから道を決めてその通りに行くことはまずありません。ギャップアプローチよりもポジティブアプローチの方がモチベーションが続くし、環境変化の激しい今はポジティブアプローチの方が有効ですよ。」って。

海外にも日本人はたくさんいる。
そこを狙うのも面白そうだ。
これはある意味グローバルニッチなのかな。

改めて少し未来のためのビジネスモデルキャンバスを書いてみた。


           



前より書けるところが増えている。
これからもこうやって思わぬ縁をもらっていこう。これがチャンスっていうのかな。

I’m Kinosuke Minamikawa. I’ve got big surprised offer at the lunch party at the Spanish consulate in Takamatsu. She asked to us for live performance in Barcelona.

She is one of board members of the Japanese school in Barcelona. She wants to show our performance for learning Japanese culture for these people live in there. Not only for students but also for their parents.
From the beginning, I thought that I needed to work for revival Japanese traditional culture. But now, for me, it is interesting. It sounds nice to support Japanese culture for them who live in foreign countries.
I remember the words by the consultant at the seminar.
‘Always you go the way which is not expected. Positive approach is the better way to the people for keep their motivation compared with Gap approach. Now technology changes extremely fast, so positive approach will fit it.’

There are many Japanese people living foreign countries.
It could be big market.
This strategy is a kind of global niche project.

I made my business model canvas again.
I’ve found that the letters increase in that sheet.
I will survive with unexpected lacks. People call it as a chance, I wonder…

バックナンバー 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
        第6話 第7話 第8話 第9話

地方創生物語【高松編⑨】


「未来のリーダーを育成する」教育総研の地方創生物語【高松編】
~次世代リーダー 南川喜之助のイノベーションストーリー第9話~

僕は南川喜之助。和菓子業界の未来を勝手に背負い、近隣の高校を巻き込んで大規模なお茶会を開いた。
SNSでの拡散を見込んで設置した練り切りの実演ブースは大成功で、女子高生がたくさんアップしてくれてこの地域では今ちょっとした練り切りブームが起こっている。
思いがけずスペイン領事館の職員さんも茶道が好きで参加されていて、最近はたまに店にやってきてくれるようになった。
ある日、その職員さんから電話がかかってきた。定期的に行っている婦人会の昼食会で練り切りの実演をやってくれないかというものだ。もちろん二つ返事で引き受けた。
僕がするんじゃないけど(;^_^A 職人さんにもしぶしぶ了解を取り付けた。

さて、いよいよその日がやってきた。
スペイン人の招待客もあったけど、多くは日本人の奥様方だ。
とはいえ、間近で実演を見るのは初めてで皆さん興味津々。職人さんもまんざらじゃないようだ。嬉々としてリクエストに応えている。
特に興味を持ってくれた女性がいて、色々と質問された。会の終わりにその女性に声をかけられた。そして聞いた言葉はこうだ。
「バルセロナで同じことをしていただけないでしょうか。」

I’m Kinosuke Minamikawa. I work for Japanese Traditional confectionary industry as a sales representative. Nobody asked, but I don’t care. Then, I planed to have a big Tea party with several High-schools in Takamatu.
We had a big success with the Nerikiri live performance booth. Many high-school students uploaded pictures to SNS, it is very popular in this area now.
Unexpectedly, one of staff members of Spanish consulate joined it and enjoyed very much. She visits us to buy our sweets sometime.
One day, she called to us. In her place, they have a lunch party sometime scheduled among women’s society in Takamatu. She asked us about live performance at there. I said Yes, nobody doubt that. Anyway that is not my job, but our staff member. He didn’t very happy with that, finally he said OK.

Now, this is the day.
The guests are almost Japanese, and some Spanish women.
The live performance was interesting for Spanish guests but also Japanese. For Japanese people, it was still their first experience. Our member for Nerikiri was looked happy, I was sure.
There was a woman who was interested in that specially, she had many questions to us. Finally, in the end of the lunch party, she said to me as a last question…
‘Is it possible to do same thing in Barcelona?’

バックナンバー 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

地方創生物語【高松編⑧】


「未来のリーダーを育成する」教育総研の地方創生物語【高松編】
~次世代リーダー 南川喜之助のイノベーションストーリー第8話~

僕は南川喜之助。和菓子業界復興のために近隣の高校を集めてお茶会を開くことになり、いよいよ当日がやってきた。
通常お茶会では干菓子と主菓子の二種類を用意する。主菓子はいわゆる練り切りだ。今回は練り切り作りを参加者に見てもらえるようにブースを設置してある。
実演ブースには物珍しさから茶道部の女子高生が一杯やってきた(^^
そして携帯で写真を一杯取ってSNSにあげている!伝統の復興には遠いが、とにかく興味を持ってもらうことが重要だ。
そこに混ざって興味深く写真をとっている外国人の女性がいた。気になって例の立川さんに聞くと、なんとスペイン領事館の職員だという!
そういえば高松にスペイン領事館できてたっけなぁ。
会はなんとか成功した。

I’m Kinosuke Minamikawa. For the re-growth Sado, I made a plan to have a big Tea party for high-school’s Sado club activity. It is the today and we have several high-schools. Usually, we use 2 types of sweets for the party. One is Higashi as a dry shaped sugar and the other is Syugashi as a unbaked mochi cake. Syugashi is called as Nerikiri. We have a special booth for Nerikiri. People can watch the live performance making Nerikiri.
Many high-school students get in front of the booth and take many pictures! They upload those pictures to the SNS. It doesn’t work for the revival Japanese traditional culture. But it’s OK. The important thing is getting popular.
I saw a woman who take pictures and she didn’t look as Japanese. Then I ask to Ms.Tachikawa about her. She knows her as a staff member of Spanish consulate. Wow!
I remember that Takamatu has it, not so long ago.
Anyway, the Tea party was finished with a little success.

バックナンバー 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

地方創生物語【高松編⑦】


~次世代リーダー 南川喜之助のイノベーションストーリー第7話~

僕は南川喜之助。衰退していく和菓子業界のためにお茶会再興を考えて動き出すことにした僕はまず近くの高校に行ってみた。姉が高校の時に茶道部に入っていたことを思い出したからだ。
高校の授業の一環で茶道を取り上げてくれないかと考えたけど、そんなにうまくいくわけはない。あっさりとかわされた。
校門を出る時に顔見知りのお客さんを見かけて挨拶した。
「こんにちは。立川さん。いつもありがとうございます。」
「こんにちは。跡継ぐんですってね。がんばってね。高校になんてどうしたの?用事?」
「いや~、この高校茶道部あるのかな、と思って。」
「えー?どうしたん?私のお茶の先生がここの顧問やけど。」
「そうなんですか!是非紹介してください!!」
立川さんは顔が広い。なんとPTA会長を務めているとか。副顧問もしてるとか、すごいな。
立川さんから紹介してもらったお茶の先生によると、すでにここの茶道部のお菓子はうちが入れているらしい。
「立川さん、今度近隣の高校集めて大きくお茶会を開催するってどうですか?」

 I’m Kinosuke Minamikawa. I work for support increase Japanese traditional confectionary
 industry. For that I visit to a high-school near here to help growth Sado. Because I remember about my sister who used to been belong to Sado club.
I asked to have any plan to lean Japanese custom like Sado in their class, I didn’t get any useful information. It couldn’t be smooth.
When I went out from the gate, I met a customer as I know very well, so I said hello to her.
‘Ms. Tachikawa, good day, isn’t it.’
‘Oh, I’ve heard that you would take over your father. So, it is surprised that you are here.’
‘Well, I thought that this school had a Sado club, just I wonder.’
‘Oh! Are you here for that? My Sado teacher teaches at here.’
‘Oh, wow! Is she?! Could I have any chance to meet her?’
Ms. Tachikawa knows many people in this town. She helps the high-school’s PTA as a chair person. And also she is the sub-supporter for the club activity. That she is.
From her information, this high-school is already our customer.
‘Ms. Tachikawa, would you like to help to have a big Tea-party for high-schools sometime soon?

バックナンバー 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

地方創生物語【高松編⑥】


 「未来のリーダーを育成する」教育総研の地方創生物語【高松編】
~次世代リーダー 南川喜之助のイノベーションストーリー第6話~

僕は南川喜之助。衰退していく和菓子業界をなんとかしたいと考えている。
まずは現状を把握するためにセミナーで作成したビジネスモデルキャンバスを見直してみた。


       



すっかすかだ。
書きにくいところは改善が必要なところって講師に言われたな。チャネルが書けなかったということは新規獲得ルートがまるでなく、売り上げの減少に手を打ってないということだ。これじゃあだめや。
和菓子は日本の風習に根付いて反映してきた歴史を考えると、日本文化の再興とセットで考えたいところだ。日本文化の中でも茶道が手っ取り早いかな。
うちの店でもお茶会需要が大きいから、お茶会を増やせば和菓子需要も増えるということだ。お茶会は年々減少している。ここから手を付けるか。

I’m Kinosuke Minamikawa. I’m willing to try to do something good for Japanese traditional confectionary industry.
Now, I review the business model canvas that I had written at the seminar to realize current status.

Wow…It’s terribly empty.
He said that when you couldn’t write enough, that mean you need to support it. I couldn’t write the channel box. It says that we don’t have enough tools for getting new customers at all, so that we’ve got lost sales. That is NOT GOOD.
Japanese confectionary industry has been growing with Japanese culture, we need to get re-expand it. It should be the packaged. Sado is the better for that, I guess.
Needs of Sado receptions have big amount of sales for us, increase of Sado reception makes big our sales. But the Sado reception is getting decrease. I put my hands on the task for it.   

バックナンバー 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話