ホワイトボードの活用

金曜日の朝、皆様おはようございます。イノベーション人材育成の教育総研の岡本です。「周囲を巻き込む力」シリーズの第7回目は、ホワイトボードの活用です。

お仕事の場面で、ホワイトボードを使われることが多いと思います。一般的には、決まった事を書いたり、伝達事項を書いたりとかですね。しかし、ホワイトボードは効果的なコミュニケーションのパワースポットなのです。

例えば、皆の発言をホワイトボードに書きとめていく。複数の人が書きこんでいく。色も黒だけでなく、青、赤、緑とカラフルなマーカーで。さらには、事実と意見を色で分ける。関係のあるものをつなぐ。イラストも入れる。写真などがあれば貼り付ける。

などなど工夫することで、参加者の脳の中は活性化されるのではないでしょうか。そして、ホワイトボードが埋まれば、ケイタイカメラで撮って、議事録に添付。議事録は要点のみその場で担当者が打ち込んで、会議やミーティング終了と同時に参加者に配信。

まさに、社内調整のためのパワースポットです。

ぜひ、皆様の会社のホワイトボードの活用を工夫して、お盆明けからのハードなミーティングに臨みましょう。休日に勉強、月曜に実践。よい週末をお過ごしください。




この記事をシェアする

関連記事

次の記事
« 前の記事
前の記事
次の記事 »