シンプルな言葉は人を動かす

皆様おはようございます。イノベーション人材育成の教育総研の岡本です。「周囲を巻き込む力」シリーズの第9回目は、シンプルな言葉は人を動かすです。

インパクトのある言葉って、シンプルですよね。ゲーテの「喜んで行ない、そして行ったことを喜べる人は幸福である。」行いを幸福と繋げているところは勇気が湧いてきます。ルソーの「生きるとは呼吸することではない。行動することだ。」古き時代から行動の大切さを説いていたのですね。ヘルマン・ヘッセの「自分の道を進む人は、誰でも英雄だ。」シンプルでいい言葉です。

シンプルな言葉というのは、その時の自分の気持ちの有り様によって、解釈が変わるのです。シンプルな言葉は人の気持ちをつかみ、そして、人を動かすことが出来るのです。

言葉は短く言い切ると強い言葉になります。強い言葉は、相手の心に刺さり、強く印象に残るものです。それが潜在意識になり、自らの行動に繋がるものです。

もし、あなたが何か大きなプロジェクトや事業を推進していく立場にあるならば、目指すべき事をシンプルに言い表せる言葉を回りの人々に問いかけていただきたいと思います。

いよいよ休暇も明けます。明日から自分との闘いが始まります。夏バテには気をつけていいお仕事して下さい。



この記事をシェアする

関連記事

次の記事
« 前の記事
前の記事
次の記事 »