社内のスペシャリスト・リストを作ろう

皆様おはようございます。イノベーション人材育成の教育総研の岡本です。「周囲を巻き込む力」シリーズの第3回目は、社内のスペシャリスト・リストを作ろうです。

社内を巻き込むにはトップマネジメント。そして、もう一つ大事なのは、社内のスペシャリストです。ここで言うスペシャリストとは、ある分野で秀でた専門家ですね。開発、設計、製造、品管、人事労務、経企、営企、マケ、情シス、組合などなど。社内のスペシャリストリストなどを作っておくと意識して話して接点をつくることになりますからいいですよ。

なぜ、スペシャリストなのか。

それはスペシャリストは、社内の様々なプロジェクトや横断的会議などに参画しており、キーマンとの良質な接点を持っている可能性が高いのです。日頃からそのようなスペシャリストと接点を築いておきましょう。

真夏の月曜日。お仕事の方もホリディの方もいい一日をお過ごしください。


この記事をシェアする

関連記事

次の記事
« 前の記事
前の記事
次の記事 »