ベネッセ 学習意欲アップを共同研究

ベネッセが大学と共同で学生の学習意欲向上に関する研究を始めると発表しました。
・ベネッセが実施する思考力や協調性を測る試験
・学業成績
・学生へのインタビュー
を通じて学生に必要な教育カリキュラムの作成などに役立てるとの事です。
少子化が進みかつ大学の存在意義が問われる中で、教育改革に取り組む大学との提携を進めようというものです。
現時点では、関東学院大学と追手門学院大学と共同研究を進めています。
少子化や国際化と言うキーワードがいよいよ現実味を帯びてくると、ステイクホルダーの動きが活発になってきます。
記事部分の出典 日本経済新聞 本日付朝刊13面

この記事をシェアする

関連記事

次の記事
« 前の記事
前の記事
次の記事 »