教育総研‘s EYE【ペットボトル飲料編】


未来のリーダーを育成する」教育総研‘s EYE
~イノベーションの芽を感じる【ペットボトル飲料編】

サントリーがペットボトル入りノンアルビールを市場に投入してきた。今週は2件もサントリーネタだ。サントリーすごい。
https://jp.reuters.com/article/non-alcoholic-beer-idJPKCN1J30R4



ペットボトルが一般的になって、何年経つだろう。水やお茶は当たり前。コーヒーまでペットボトルになった。とても便利だ。筆者の個人的な好みで言えば、缶コーヒーは缶臭さが気になっていたのでペットボトルになったのはとても喜ばしく思っている。ちなみに牛乳はペットボトルにという話は出てはいるが、ペットボトルに充満するための設備投資が大きく必要なため各社足踏み状態だという。サントリーにとっては既にあるノウハウを活用できるため、様々な飲料に活用することは比較的容易いだろう。
しかし、今回サントリーが市場にお伺いを立てたのはビールだ。ノンアルコールビールはなかなか扱いが難しいのではないかと思う。
近年、近所の学校の運動会での保護者の振舞いがちょっとした問題になっている。観覧席でのノンアルコールビールは良いのか問題だ。ビールではない、でもモラルとしてはどうなのか、ということで保護者がざわついている。今回の想定シーンはオフィスだ。抵抗感なく飲める、と記事にはあるが、無理があるだろう。世間一般のモラルが許容するには少しばかり時間がかかりそうだ。
しかし、それは常にイノベーションの前に立ちはだかる壁だ。これを超えられるかどうかひとつの正念場なのだ。

【開催間近】
教育総研では地方創生のためのイノベーション人材を育成するために各地でセミナーを
行っています。726日(木)は岡山です。イベントページをご覧ください。
<岡山開催>地方創生!新しい市場の見つけ方~地方に学びの土壌をつくろう~

この記事をシェアする

関連記事

次の記事
« 前の記事
前の記事
次の記事 »