業界活性物語【製粉業界編②】


未来のためにイノベーションを!」教育総研の業界活性物語【製粉業界編】
~桜井製粉イノベーションストーリー第2話~

僕は上川高広。奈良にある製粉会社、桜井製粉の課長をしている。趣味は動画編集。週末ごとに息子達の動画を撮りためている。仕事の合間に見るのが平日の楽しみだ。
まだ今日は火曜日。週末が待ち遠しい。

今日は朝からお客さんからの宿題を持って開発に来ている。
「阪尾部長~、今いいですか?またちょっとオリジナル商品の相談があって。」
「タカヒロ、お疲れさん。じゃあ、大体の要望を聞かせてみてよ。」
「このパンなんですけど。これをベースにもうちょっと食感をサクサクにしたいんですって。」
「ほう。分かった。じゃあ3種類位作っとくわ。納期は決まってるんか。」
「なるはやでって言われてまして。」
「毎回やないか。はいはい、了解了解。」
「すんません。」

あー、言われっぱなしの営業はもう嫌や。
こんな風にオリジナルばっかり作って手間ばっかりかかってる。おかげでうちのオリジナル商品ラインナップは膨大で、ゆうに100を超えている。これでいいのかなぁ。

I’m Takahiro Kamikawa. I work as a chief of sales section in Sakurai flour mills company Nara.
I enjoy editing my sons images in weekends. It’s my relax way to watch my movies for the brake in weekdays.
It’s still Tuesday today. But I can’t wait weekend.

I’m here development section in this morning with the new request by my customer.
‘Sakao-san, do you have time for me now? I have a new topic of original product.’
‘Oh, Takahiro, you are here. So, do you have any specific information?’
‘This is the sample. He wants it taste more light and crispy.’
‘Right. Are 3 other type of recipe enough? When is the deadline?’
‘ASAP is the request.’
‘ Always. I never hear from you with other answer. Allright.’
‘Thank you, Sakao-san.’

It’s awfully bud for me tasks like this. Sales person can’t say anything but yes to customers.
We are very busy always with original things requested. It makes our product line-up big and big. The number of our line-up is over 100! Is it right way for us??

バックナンバー 第1話

この記事をシェアする

関連記事

次の記事
« 前の記事
前の記事
次の記事 »