就活虎の巻①/The strategy①~リサイクル業界に興味があるソン君の場合~

 


☆☆Tiếng Việt☆☆

ソン君はベトナム人で日本に留学しています、今は日本にある専門学校の学生です。

ある日、ソン君は日本人の先生に就職活動について相談をしました。

ソン君「先生、僕はABC株式会社に応募しようと思っています。志望動機を作ったので日本語をみてもらえませんか。」

先生「もちろん!見せてください。」

先生はソン君の志望動機の原稿を確認しました。そしてABC株式会社をWEBで調べています。

先生「ソン君、どうしてこの会社に応募しようと思ったんですか?」

ソン君「僕はリサイクルに興味があります。ベトナムでは環境問題がニュースになっています。僕は将来ベトナムでリサイクルの会社を作りたいんです。だからこの会社で仕事を学びたいんです。」

先生「そうですか、とても良いことですね。募集要項はありますか?」

ソン君「はい、求人票があります。」

先生「求人票ではリサイクル工場で働く人を募集していますね。正社員ですが、スタッフと書いてあります。業務内容は回収した物品の仕分け業務ですね。それはソン君のしたいことですか?」

ソン君「やってないから分かりません。」

先生「では、入社して、やりたかったことと違ったらどうしますか?」

ソン君「会社を辞めると思います。」

先生「ソン君はリサイクルの会社を作りたいんですよね。リサイクル業界を調べてみましたか?」

ソン君「外国人でも応募できるリサイクルの会社はこの会社だけしかありませんでした。」

先生「リサイクル業界といってもたくさんの種類があると思います。例えばリサイクル物品を集めるだけの会社、集めて再生や新商品まで企画開発する会社。リサイクルする対象も木材や電池、プラスチックなど色々あるんじゃないでしょうか。」

ソン君「そんなに考えていませんでした。」

先生「会社の大きさも大きな会社もあれば小さな工場まで様々です。規模の大きさで仕事で経験できることも変わってきますよ。入社してすぐ辞めるのはソン君にとっても良くありません。ソン君の将来作りたい会社はどんな会社かをしっかり考えて、それに役立つ経験ができる会社がいいですね。」

ソン君「そうですね。」

先生「例えば、このサイトを見てください。リサイクル業界の会社のことがたくさん書いてあります。もっと情報収集したらソン君の将来作りたい会社に近い会社が見つかるかもしれませんよ。」

ソン君「先生、どうやってこのサイトを調べたんですか?」

先生「検索ワードで’SDGs’ ’リサイクル’ ’企業’とするとたくさん出てきます。」

ソン君「そうやって検索するんですね。」

先生「そうです。簡単でしょう。そこに’海外拠点’と付け加えて検索すればもっといいと思いますよ。ベトナムに拠点がある会社であればベトナムの担当者になることもできますよね、会社にとってソン君は大切な海外人材ということになります。」

ソン君「そうですね、そしたらベトナムに帰れます。」

先生「そうですよ!日本語が多くて大変かもしれませんが、読み慣れてくれば分かることが多くなりますよ。大事な就職活動です、しっかり時間と労力を使いましょう。」

ソン君「ありがとうございます、先生。」

先生「志望動機はもっと調べてから、応募する会社毎に作るものです。出来たらまた持ってきてください。日本語の修正はそれからにしましょう。今の志望動機はどこの会社にも出せるし、誰にでも書ける志望動機になっています。これでは書類選考を通ることはできませんよ。応援しています。頑張ってください!」

ソン君「はい、がんばります!」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<解説>

・リサイクル業界にも色々な会社がある

・リサイクルをする対象の物も色々ある

・廃品を集めるだけなのか、加工するのか、他社に販売するのか、自社で商品企画をするのかなど、会社の事業内容をしっかりと調べる

・リサイクルに関係するキーワードを使ってWEB検索する

・志望動機は会社毎に別々の物を作る

ソン君は「リサイクル」という「一語」で物事を考えていましたが、様々な事が含まれている言葉でしたね。

同じく「航空業界」「商社」「飲食」「観光」など、一語でくくるのではなく、深く調べることが企業選定に役立ちます。

企業選定は「名称」ではなく「事業内容」で絞り込みを行いましょう。


■日本の就職活動をもっと知りたい→教育総研ビジネス日本語テキスト「就職活動編」




この記事をシェアする

関連記事

次の記事
« 前の記事
前の記事
次の記事 »