地方創生物語【高松編④】


「未来のリーダーを育成する」教育総研の地方創生物語【高松編】
~次世代リーダー 南川喜之助のイノベーションストーリー第4話~

僕は南川喜之助。嘉永創業の家業、和菓子屋「嘉永堂」の跡継ぎだ。
教育総研のビジネスセミナーに参加したとき、現状と将来像を考えるワークに取り組んだ。
いい会社にしか投資しないという鎌倉投信の14のキーワードから選んだ現状の強みはこうだ。

        




「オンリーワン」「地域密着」「技術力」の3つ。
うちは150年余の歴史があり、小学生からお年寄りまで地域の幅広いお客様に足を運んでもらえる店だ。そして和菓子だけでなくケーキなどの洋菓子まで製造販売できる技術力がある。
これから必要なのは「変化し続ける力」「人材の多様性」「社員を大切に」の3つ。
手土産や贈り物という文化を大切にしながら、今の流行りのインスタ映えする形に対応していくことが大切だ。サムライや寿司などと同じように日本好きな外国人にも食べてもらいたいし、ケーキ職人さんなど社員の協力なしにはやっていけない。
改めてワークやってみると、自分がこんなにうちの店のこと考えてるんだとビックリした。

I’m Kinosuke Minamikawa. I’ll be the next owner of my family company ’Kaeido’ which had been from period of Kaei .
I’ve tried to think about specs my family business. I picked up keywords for now from the 14 keywords came from Kamakuratoshin that invests to only good companies.
They are these 3 keywords ‘Only one’ ‘Community-based’ ‘Technical strength’.
We have over 150 years history, and a wide range of customers are happy with us. Not only Japanese traditional sweets, but also western style sweets like cakes we serve with high production of technology.
For the future, we need 3 other keywords, ‘Emotion to keep changing’ ‘Variety of human resource’ ‘Treat our staffs kindly’.
We should to keep our mind for the Japanese tradition of present to other people, and do something new for the trend like Instagram. I want to enjoy our sweets to the people from other countries who are funs of Samurai or Sushi. For that, we can’t forget our professional’s efforts.
Then I understood, how love my family business….

バックナンバー 第1話 第2話 第3話

この記事をシェアする

関連記事

次の記事
« 前の記事
前の記事
次の記事 »