業界活性物語【製粉業界編⑤】


「未来のためにイノベーションを!」教育総研の業界活性物語【製粉業界編】
~桜井製粉イノベーションストーリー第5話~

僕は上川高広。製粉業界でまだ広まっていないWebを取り入れたビジネスを思いつき、社長に報告するために食事に来ている。

メンバーは東田社長、志水本部長、駒田先輩と僕の4人だ。
「今日は岡本さんのとこ行ってきたんや。すぐにでも動かなあかんわ。」と社長。
あのコンサルタントの岡本先生か。いつも岡本先生のところから帰ってくると新しいことを投げられる(;^_^A
「そうなんですか。」
「担当はタカヒロな。」
「え?僕ですか。僕なんかより駒田さんの方が、、」
「ええやん、タカヒロ。社長のご指名やで~。」と笑顔の駒田さん。
「それで、内容はどんなんですか。」
Webや。まだどこもやってないし、問屋も巻き込んでお客さんを広げるんや。中小は中小ならではの生き残る方法をやっていかなあかん。しかも、これは面白くなるで。」
「まずは名前いりますね。」と志水部長。
「あ、それなら一つ考えがあるんですけど。ちょうど僕もWebを考えてたんです。」
「うわー、タカヒロは上手いなぁ。」と駒田さん(;^_^A
「どんな名前や。」
「サイバーミックスです。」

I’m Takahiro Kamikawa. I’ve got a great idea which had done yet in our industry. The idea is about web service tool. And now I show my idea to management member including president in this restaurant.
The member is president Higashida, Shimizu-san, Komada-san and me.

Today, we went to met Okamoto-san. We need to do something right now.’ Higashida-san said.
Okamoto-sensei is an our adviser. Everytime he visit to him, he orders to us new task.
‘Oh, right.’
‘And you are the in charge, Takahiro.’
‘Me? Komada-san will be better, I guess.  I am not good enough. ’
‘That’s nice for you, Takahiro. President says it for you!’ Komada-san said with his smile.
‘So, what is the subject?’
‘Web. No company has web service yet, we can support our agents. We can get more user and get big market. We are not big company. But because not big, we can do our way, Anyway, it sounds fun!’
‘So, we need the name of the web service.’ Shimizu-san said.
‘I have an idea. I thought to talk about web service today as a new idea.’
‘That’s nice for us, Takahiro. You are always exactly.’ Komada-san said.
‘So, what is the name?’
‘Cyber Mix.’

バックナンバー 第1話 第2話 第3話 第4話

この記事をシェアする

関連記事

次の記事
« 前の記事
前の記事
次の記事 »