地方創生物語【高松編⑦】


~次世代リーダー 南川喜之助のイノベーションストーリー第7話~

僕は南川喜之助。衰退していく和菓子業界のためにお茶会再興を考えて動き出すことにした僕はまず近くの高校に行ってみた。姉が高校の時に茶道部に入っていたことを思い出したからだ。
高校の授業の一環で茶道を取り上げてくれないかと考えたけど、そんなにうまくいくわけはない。あっさりとかわされた。
校門を出る時に顔見知りのお客さんを見かけて挨拶した。
「こんにちは。立川さん。いつもありがとうございます。」
「こんにちは。跡継ぐんですってね。がんばってね。高校になんてどうしたの?用事?」
「いや~、この高校茶道部あるのかな、と思って。」
「えー?どうしたん?私のお茶の先生がここの顧問やけど。」
「そうなんですか!是非紹介してください!!」
立川さんは顔が広い。なんとPTA会長を務めているとか。副顧問もしてるとか、すごいな。
立川さんから紹介してもらったお茶の先生によると、すでにここの茶道部のお菓子はうちが入れているらしい。
「立川さん、今度近隣の高校集めて大きくお茶会を開催するってどうですか?」

 I’m Kinosuke Minamikawa. I work for support increase Japanese traditional confectionary
 industry. For that I visit to a high-school near here to help growth Sado. Because I remember about my sister who used to been belong to Sado club.
I asked to have any plan to lean Japanese custom like Sado in their class, I didn’t get any useful information. It couldn’t be smooth.
When I went out from the gate, I met a customer as I know very well, so I said hello to her.
‘Ms. Tachikawa, good day, isn’t it.’
‘Oh, I’ve heard that you would take over your father. So, it is surprised that you are here.’
‘Well, I thought that this school had a Sado club, just I wonder.’
‘Oh! Are you here for that? My Sado teacher teaches at here.’
‘Oh, wow! Is she?! Could I have any chance to meet her?’
Ms. Tachikawa knows many people in this town. She helps the high-school’s PTA as a chair person. And also she is the sub-supporter for the club activity. That she is.
From her information, this high-school is already our customer.
‘Ms. Tachikawa, would you like to help to have a big Tea-party for high-schools sometime soon?

バックナンバー 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

この記事をシェアする

関連記事

次の記事
« 前の記事
前の記事
次の記事 »