教育総研‘s EYE【オンライン講座ガイド⑥】


「未来のリーダーを育成する」教育総研‘s EYE
【オンライン講座ガイド⑥】
皆さん、こんにちは。
これからの人材教育にオンラインは欠かすことが出来ないツール。オンライン講座でどんなことが出来るのか、一緒に考えていきましょう。

■企業人材育成byオンラインを考える②
今月は企業内人材育成のオンライン化について考えてみましょう。

会計ソフトサービスのM社では、毎日先輩社員が新人社員にZOOMを使って教育を行う「企業内寺子屋」を実施しているという記事がありました。
正に、今できる事をやってみているリーンなすばらしい取り組みです。しかし、これは改善が必要です。
課題が2点、①企業活動に必要な社員の戦力が削がれる ②成長度合いがばらつく です。
まず、先輩社員は企業の戦力です。営業成績の良い社員の戦力を新人の育成に充てるのはもったいないことです。そして、営業成績の良い力のある社員は教えることが得意とは限らないということです。
「名選手名監督にあらず」優秀な社員だからといって後輩の教育に向いているとは限りません。教えるのが上手な人に担当してもらった方が適材適所と言えます。そしてその人の教え方によって属人的に成長度合いがバラつき、結果としてペアの組み合わせ運次第ということになってしまいます。



改善策として、教えるのが上手な社員に専任させ、他の社員との交流は別の機会を設定する方向にしていくと効果が見込めます。
企業の風土を伝えることは大切なことです。社員同士の交流を深め、社内の空気感に慣れるためにオンライン会議システムを使い、しかし育成の質は担保することが肝要です。

二兎を追うものは一兎をも得ず。一つひとつ切り分けて考えていきましょう。

皆様、今日も良い一日を!


過去の記事は以下のリンクをご参照ください。
企業人材育成byオンラインを考える①
オンライン講座実施報告


教育総研‘s EYE【オンライン講座ガイド⑤】


「未来のリーダーを育成する」教育総研‘s EYE
【オンライン講座ガイド⑤】
皆さん、こんにちは。
これからの人材教育にオンラインは欠かすことが出来ないツール。オンライン講座でどんなことが出来るのか、一緒に考えていきましょう。

■企業人材育成byオンラインを考える①■
今月は企業内人材育成のオンライン化について考えてみましょう。
「新しい生活様式」の中で、企業の人材育成はどうしたらいいのかと人事の方は頭を悩ませるところですね。今までは集合研修と職場でのOJTが中心だった教育体制でしたが、新入社員は入社式もそこそこに自宅待機。会社のことを何も知らない新人に客先と関わらせるなんてとんでもない!かといってこのまま自主性に任せるというのもどうしたものか、、人材育成部門は待ったなしです。

人材育成に関わってきた経験から私たちが断言できることがあります。それは、「プロに任せるべき事」と、「自社でまかなわなければならない事があるということです。
今までは、入社→集合形式での新人研修→職場に配置→OJT↔集合研修という形でした。新人研修は導入研修です。学生から社会人になって、新しい人生のスタートを切るための心構えを整えることが一番大きな目的です。ハッキリ言って、この新人研修でスキルを教えても身に付きません。現場を知らないので実感が伴わないのです。本当にスキルを教えて「理解」できるのは半年後あたりに実施する「フォローアップ研修」です。では、何もしないのか。となるのは早計です。今は新人の方々が慣れた方法で知識を身に付ける時期と割り切りましょう。

今の新人の方々は「デジタルネイティブ」です。物心ついた時からすでに両親のスマホに触れ、高校生になればテレビよりもYouTube。彼らはデジタルツールに物怖じすることはありません。

そんな彼らにはデジタルで教育することが効果的です。ただ、推奨すべき動画素材には注意が必要です。社内のオリジナル動画を取ることはかなりのハードルです。まずはありもので良質のものを選び、視聴して日報替わりのレポートを作成させるような「大学の授業」の様式がおすすめです。

新人の方と一緒に走りながら考えてみませんか。
皆様、今日も良い一日を!

過去の記事は以下のリンクをご参照ください。

教育総研's EYE【オンライン講座ガイド④】

「未来のリーダーを育成する」教育総研‘s EYE
【オンライン講座ガイド④】
皆さん、おはようございます。
これからの人材教育にオンラインは欠かすことが出来ないツール。
オンライン講座でどんなことが出来るのか、一緒に考えていきましょう。

■オンライン講座実施報告④■
80名超のベトナムの大学生達と日本を結んでのオンライン講座。参加意欲を高めるためには工夫が必要です。
まず、全員を随時出席確認することは不可能です。もちろんそれができるソフトはあるとは思いますが、今回はリーンスタートアップ方式でMVPで行くんですから、できるだけ今あるものでなんとかするが基本ルールです。
そこで、グループワークを数多く仕込み、授業の最初にグループワークの提出を出席とカウントするとアナウンスを行いました。
ZOOMではグループ分けを自動で行う機能があります。それを活用し、毎回違うメンバーでグループ分けし、ワークシートの提出を当日中にするように指示を行いました。

集計すると、各学生の成績がバラつき、きちんとした学生とそうでない学生の差が明らかになるという結果となりました。
集合スタイルでは直接確認できますが、データのやり取りになるので本当のところは分かりません。しかし、一定の効果はあったと考えられます。

オンライン授業では簡単なグループワークをこまめに挟み込む。これも出席確認に効果があるということです。いつグループワークが始まるか分からないので集中力も持続するというおまけまでついてきます。
補足ですが、オンライン講座でのグループは3、4名が適度ということも今回実感したことです。

オンライン講座には是非グループワークを設定しましょう。

今月はオンライン講座実施報告をお届けしました。来月からはお役立ち情報をお伝えします。

皆様、今日も良い一日を!

教育総研's EYE【オンライン講座ガイド③】

「未来のリーダーを育成する」教育総研‘s EYE
【オンライン講座ガイド③】
皆さん、おはようございます。
これからの人材教育にオンラインは欠かすことが出来ないツール。
オンライン講座でどんなことが出来るのか、一緒に考えていきましょう。

■オンライン講座実施報告③■
ベトナムと日本を繋いでオンライン講座を終日2日間に渡り実施しました。使ったシステムはZOOMとグーグルドライブ。事前課題も当日のグループワークも事後課題も問題なくできました。
今回はリーンスタートアップ方式、MVP(Minimum Viable Product)で勝負することを意識しました。
その中で工夫したことは、「集中力を持続させるためのコンテンツ」「参加意欲を高める仕掛け」です。
集中力を持続させるためには視覚的に興味を持てる画像や資料のコンテンツが必要です。講師だけが映って講義するのは最小限で、カラフルな資料を画面共有しながら説明を行いました。
資料は1枚にある程度の分量の文字や情報を入れるようにしました。1枚ワンメッセージではスライドがどんどん進み、「迷子」が続出します。資料はスライドではなく、パワーポイントで、話しているところをカーソルで示したり、その場で補足説明を書きこむことで「迷子」防止に役立ちました。また、引用する動画はできるだけ短いものを準備し、インパクトを重視しました。

全体的な分量は対面式よりも6割~7割程度に抑えた方が良い事も学びでした。
集中力の高まりが非常にスローで、受講生たちのエンジンがかかり出すのにとても時間がかかった印象があります。グループセッションも、やりだすのに時間がかかるのがオンラインの特徴ではないでしょうか。

時間に余裕を持って、足りないかと思うくらいでちょうどいいのです。

次回は参加意欲を高めるために工夫したことをお伝えします。


教育総研's EYE【オンライン講座ガイド②】


「未来のリーダーを育成する」教育総研‘s EYE
【オンライン講座ガイド②】
皆さん、おはようございます。
落ち着かない日々、でも確実に未来はやって来ます。
これからの人材教育にオンラインは欠かすことが出来ないツールになります。
オンライン講座でどんなことが出来るのか、一緒に考えていきましょう。

■オンライン講座実施報告②■
オンライン講座を実施してみて、想定外だったことは「受講生の熱意」でした。
今まで学生さんと言えば、怠ける、ズルする、寝る、、など
特に、「先生の目が無いところで集中力が続くのか?」ということが懸念事項でした。
しかし、そんなことは杞憂でした。

ベトナムでは日本より早い時期に休校となり、学生さんたちは教育機会に飢えていました。
オンライン講座では講義にうんうんと頷く姿が多く見られ、グループセッションでは
意見交換が活発に行われていました。
3月にベトナムへ行った頃、カフェや大学の屋外ロビーでパソコンを持ち寄り
課題に精を出す姿を思い出したものです。
学習への熱意がひしひしと伝わってきて、講師として使命感を感じました。

「何をしたらいいのかわからない」のは現時点では多くの人が思うことでしょう。

しかし、やってみてわかることはたくさんあります。
自動車王フォードは「もし顧客に欲しいものを聞いていたら、彼らは『もっと速い馬(馬車)が欲しい』と答えていただろう。」という有名な言葉があります。「車」という「答」はその時点では誰も言ってくれなかったでしょう。顧客は「答」を知らないのです。

今回私たちはMVP (Minimum Viable Product)を意識して実行しました。実用に足る最低限のプロダクトを市場に問うという、リーンスタートアップ方式です。

次回は私たちが実践してみたMVPについてお伝えします。

皆様、今日も良い一日を!
【オンライン講座ガイド①】

教育総研‘s EYE【オンライン講座ガイド①】

教育総研's EYE
【オンライン講座ガイド①】

これからの人材教育にオンラインは欠かすことが出来ないツールになります。
オンライン講座でどんなことが出来るのか、一緒に考えていきましょう。


オンライン講座実施報告①■
教育総研では先日ベトナムと日本を繋いでオンライン授業を実施しました。
ベトナム側は大学生80名超!大学休校中のため、全員自宅からの受講となりました。
ZOOMを使い、日本時間朝9時から夜7時までの長丁場でした。
結論から言えば、オンライン講座は十分効果があります。
長時間でしたが、8割以上が開始から終了まで参加されました。
そしてグループセッションも活発に行うことができました。
双方向でのやりとりも実感を持ってできたと言えます。

成功要因として考えられるのは、受講生のIT慣れでしょう。
今の20代はITが身近なツールで、自由に使うことができます。
受講生が若く、ITスキルがあれば問題なく実施することができ
一定の高い効果が見込めるということが判りました。

運営側がしっかり準備さえしておけば、オンライン講座はやる価値があると言い切れます。

どうしようか検討を続けるより、とにかく実施してみることをお勧めします。

次回もオンライン講座実施で実感したことをお伝えしていきます。

皆様、今日も良い一日を!