地方創生物語【高松編⑨】


「未来のリーダーを育成する」教育総研の地方創生物語【高松編】
~次世代リーダー 南川喜之助のイノベーションストーリー第9話~

僕は南川喜之助。和菓子業界の未来を勝手に背負い、近隣の高校を巻き込んで大規模なお茶会を開いた。
SNSでの拡散を見込んで設置した練り切りの実演ブースは大成功で、女子高生がたくさんアップしてくれてこの地域では今ちょっとした練り切りブームが起こっている。
思いがけずスペイン領事館の職員さんも茶道が好きで参加されていて、最近はたまに店にやってきてくれるようになった。
ある日、その職員さんから電話がかかってきた。定期的に行っている婦人会の昼食会で練り切りの実演をやってくれないかというものだ。もちろん二つ返事で引き受けた。
僕がするんじゃないけど(;^_^A 職人さんにもしぶしぶ了解を取り付けた。

さて、いよいよその日がやってきた。
スペイン人の招待客もあったけど、多くは日本人の奥様方だ。
とはいえ、間近で実演を見るのは初めてで皆さん興味津々。職人さんもまんざらじゃないようだ。嬉々としてリクエストに応えている。
特に興味を持ってくれた女性がいて、色々と質問された。会の終わりにその女性に声をかけられた。そして聞いた言葉はこうだ。
「バルセロナで同じことをしていただけないでしょうか。」

I’m Kinosuke Minamikawa. I work for Japanese Traditional confectionary industry as a sales representative. Nobody asked, but I don’t care. Then, I planed to have a big Tea party with several High-schools in Takamatu.
We had a big success with the Nerikiri live performance booth. Many high-school students uploaded pictures to SNS, it is very popular in this area now.
Unexpectedly, one of staff members of Spanish consulate joined it and enjoyed very much. She visits us to buy our sweets sometime.
One day, she called to us. In her place, they have a lunch party sometime scheduled among women’s society in Takamatu. She asked us about live performance at there. I said Yes, nobody doubt that. Anyway that is not my job, but our staff member. He didn’t very happy with that, finally he said OK.

Now, this is the day.
The guests are almost Japanese, and some Spanish women.
The live performance was interesting for Spanish guests but also Japanese. For Japanese people, it was still their first experience. Our member for Nerikiri was looked happy, I was sure.
There was a woman who was interested in that specially, she had many questions to us. Finally, in the end of the lunch party, she said to me as a last question…
‘Is it possible to do same thing in Barcelona?’

バックナンバー 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

この記事をシェアする

関連記事

次の記事
« 前の記事
前の記事
次の記事 »