業界活性物語【製粉業界編⑭】


「未来のためにイノベーションを!」教育総研の業界活性物語【製粉業界編】
~桜井製粉イノベーションストーリー第14話~

僕は上川高広。時が止まったままの製粉業界に風穴を開ける新規事業、サイバーミックスのサイトが動き出した。コンテンツも充実してきて問い合わせも少しづつ増えだした。ようやく一歩を踏み出したところか(^^)

そんな中、社長が珍しく緊張した表情で志水部長と何か話している。こりゃ触らぬ神にタタリなしだ(;^_^A と思ったら見つかってしまった。
「タカヒロ、次の手は打ったんか。」
「はい、ちょっとプロモーション企画を計画してます。」
「ほう、どんなんや。」と志水部長。
「パン作りが趣味の主婦を集めて利き酒みたいに利き粉イベントを問屋さんに企画持ちかけてるんです。月一年間パッケージでメニューにしてみようと思ってます。上手くいけば万趣会と組むこともできるかな、と思ってまして。」
「いいんちゃうか。費用かからへんかったら何でもやってみ。」
「ありがとうございます。」
僕はホッとしてその場から失礼した。上手くいくことしか考えてなかった。

実は、大きな波が迫ってきていることを僕は知らなかった。

I’m Takahiro Kamikawa. The Cyber Mix project which is the brake through for flour milling industry is going well. It might start the clock of the milling industry that stopped for long time. After all, we are getting stocks of videos as contents. It cause us a lot of contacts from viewer. It is just like baby’s first step.

The other day, I saw Higashida-san and Shimizu-san talking seriously. It seems to be just like sleeping baby. I should say nothing and though by them, I guess. But, they found me unfortunately.
‘Takahiro, did you do something next for Cyber Mix?’
‘Yes, sir. I have a new plan for the promotion.’
‘What’s that? Tell us briefly.’ Shimizu-san said.
‘I’d like to have Flour tasting event for house wives who love to cook breads by themselves. It’s just like sake tasting. I told to wholesalers and getting their co-operation already. We can make the package for once a month in the year products. If it success, we can go with it to Mansyukai.’
‘Not bad. Not big money you need, go for everything you want try.’
‘Thank you, sir.’
Then I walked away from them and feel easy. I believe that I am walking for success.

At that time, I don’t have any idea for chilly big wave coming for us…

バックナンバー 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
        第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

この記事をシェアする

関連記事

次の記事
« 前の記事
前の記事
次の記事 »